読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOG&PHOTO FUKURENDOH OFFICIAL BLOG

DOG PHOTO MEDICAL SMILE 2017

犬を訓練に出すって思う前にやることがある

今日、ゾッとする単語を見てしまいました。

 

天罰訓練

…犬の問題行動の対処療法の一つとして【天罰法】があり

直接的な体罰ではなく。天罰のように間接的に物理的に不快なことが起こる方法

だそうです。寒気がしました。

 

しつけと訓練は違う!

だそうです。

家族として一緒に暮らす犬に対してどうしてここまでしなきゃいけないのかなぁと思います。

 

問題行動をやめさせるために天罰式があるそうです。

問題行動をやめさせるためにその犬をきちんと見て原因を掴んで人が努力して犬と共に解決していく、ではダメでしょうか?

 

最低限の事ができ、きちんと犬を観察して理解することができる

家族である私たちが周囲に気遣いを怠らず、常に様々な人の立場に立って行動をする

世の中犬好きな人ばかりではないから。

…私たちが今年前半まで学んできたドッグスクールでは犬のことを徹底的に学ばせてくれたので、今も引き続き疑問に思えば調べる、学ぶ、我が家の犬ではどうだろう?と落とし込んでみる という行動は変わりません。

今も様々なドッグトレーナーさんなどと会ったり勉強会に参加させてもらいお話を聞くことで、新たな選択肢が出てくることがたくさんです。

ただ、天罰訓練などに始まるような上記のようなトレーナーさんとはお会いするまでではありません。

犬の幸せを奪うトレーナーはあくまでも我が家には必要がないからです。

犬からたくさん教えてもらってるから。

 

犬に直接怒るのでなく、知らない顔をして間接的に不快なことを与えることにより

人間に対して不信感を抱かないんです。

お外が怖いってなるコもいませんでしょうかね。

何かの問題行動をやめさせる対処療法の一つが天罰式なので、訓練とは別です。

ああそうですか。この方はこれで上手くいったから、トレーニングとしてお始めになったんでしょうね。

 

動物と対峙してこういうトレーニングに向かおうとする人ほど

心の奥底で本当は動物のことが怖いんじゃないかと思います。

だから、【罰】という言葉を使い行動に移すんだろうなと思います。強制系もまた然り。

一緒に暮らすペットもこんなことされるために生まれて親元引き離されて新しい家族のもとに来たんじゃないと思います。

ここに異議があるなら、新しい命を迎え入れた責任と重みを日々感じながら命が終わる最後の日まで家族になってくれた犬のために私達ができる事は何だろうか?と考えて視野を広げて幅を広げて必要な勉強を積み重ねて犬とともに日々を送るっていうことをしてきましたか?何をしました?今もしてます?これからもしますか?と私達が聞いたらすべて返せますか?っていうことです。

 

終生飼育って何ですか?

 

かわいいだけで全部済む何とかなると思ったら大間違いですよ。