DOG&PHOTO FUKURENDOH OFFICIAL BLOG

DOG PHOTO MEDICAL SMILE 2017

飼い主の手から離れた犬が一人歩きしてきた

今朝のことです。

犬だけ『テテテッ♪』とやってきて

その後ろを飼い主が追いかけてきて

リードを足で踏んで

犬を叩いた

おかしいじゃんね!!!

 

飼い主の不注意で手からリードが離れた

犬はこちらの犬の存在に気付き、興味を持って来てくれたからこちらへ向かって来た

飼い主が道路を犬とともに伝うリードを踏んで犬の動き止めた

『ダメでしょ!ペシーン!』

と、頭を叩いた。

 

不注意でリードから手が離れた飼い主がいけないだけで、犬は何も悪くない。ダメでしょなのは飼い主のあなた。

 

これ、もう一回やりましたからね。

流石に飼い主の運動神経的な部分に問題あるんじゃないかと思ってお声かけてしまいましたよ。

 

『ねぇねぇ、どっちがいけないんですか?』

超怖い顔して睨まれちゃった(・∀・)テヘヘ♡

 

犬を叩くとかさ…

本当叩かれてみなよあんたが。

って思いませんか?

 

犬だから、ペットだからってちょっと物の見方を違う感じにしているからこういう事が出来るのかなと。

 

この子に悪いことを教えなければいけない】

という人がいます。

悪いと認識してもらう、次から同じような事がなるべく起きなくなるようにする背景作りを【悪い事を教えなければいけない】という思いではなくて【その行動をしなくてもいいような環境を人間が整えてあげればいい】これを 飼い主がしているかどうかだと考えますが、いかがでしょうか。

 

f:id:murasana:20170112120830j:image